title

ジャイアンツ帽愛好者・血祭鉄兵によるテンパイどころかノーテンパーブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シネマ秘宝館29 『にくまつり』!!

憧れの自主映画界シャニング・スター斎藤館長様が主催するシネマ秘宝館29 『にくまつり』が開催されるというので、新宿ロフトプラスワンへとお忍びでコソッと行ってきましたヨ。
 

いや~、久々に行ったのですが、相変わらず盛況盛況大盛況で座る席がありませんでした(T_T)


でも! そんな些細なことを吹き飛ばす、ハイテンションで選りすぐられた自主映画の数々よ! 

 
「にくまつり」というタイトルだから、


ひたすら肉を食いまくる映画ばっかなのかな?


と勝手に妄想してたんですが、全然違いましたネ。
 

個人的にはデ×ルマン(体はってたなア)、ヒャクレンジャー(!!!)に「そう来るか! そこまでするか!」と驚かされっぱなし。これは『シネマ秘宝館』でセレクトされる映画全般にいえる事ですけどネ。
それらがまたユルい進行ぶりと対比されて、ワタクシはE感じだと思いましたネ。







ただ、観客の皆さんちょっと笑いすぎでは……という気にもなりましたが、思い返せばそれは『シネマ秘宝館』に付き物ですし、そういった濃いお客さんに支えられてるからこそ、10周年を迎えることができたのだと思います。


10周年ですかあ……。今さらながら斎藤館長と初めてお会いしてから現在までの波乱に満ちたご活躍ぶりに思いを馳せてしまいました。自主映画にとどまらない斎藤館長の頑張りぶりには本当にジャイアンツ帽脱帽です。


斎藤館長の執念と行動力とお人柄があればこそ、ここまで続いてるんでしょうナア(^_^)

 
豊島公会堂でもやったことだし、ゆくゆく日本武道館2Days→東京ドーム3Days公演も夢じゃない……かもネ!
スポンサーサイト

テーマ:なかなか見れない作品 - ジャンル:映画

  1. 2006/04/30(日) 03:55:30|
  2. イベントルポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アキバダンシングフィギュア

スカート、ひらり スカート、ひらり
AKB48 (2006/06/07)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る


先日、今後のライヴパフォーマンスの勉強ため、
ドン・キホーテ秋葉原店8階にある「秋葉原48劇場」で
毎日(!)公演をやっているという秋葉原発の次世代アイドル
AKB48(秋葉原フォーティーエイト)の公演を、
“心の揚げ仲間”将様と見学して来ましたヨ。

 
毎日公演しているとはいえ、“アイドル(あの秋本康氏「完全」プロデュース)”

しかも、振付師がモー娘。
と同じ人ですから当日券がいつソールドアウトになるか
全く予測のつかなかった私は、発売開始時のAM11:00から遅れること10分、
ドンキ8階のチケット売り場に猛ダッシュで駆け込み、無事当日券ゲット! 
ちなみに番号は20番でした。 

 
公演開始まで時間がたっぷりあるので、
フロアに飾られたAKB48メンバーのパネルを見たりして、
しばらくして合流した将様にアキバのマニアショップツアーの接待攻撃
(どんなお店かは言えません)を受けて脳みそクラックラ。

 
公演開始時間が近づいたので劇場に行ってみると、
んまーいるわいるわ濃いファン(99%男)の行列!
 

ライヴスペースに入ればファンの皆様、
酒も入ってないのにハイパーテンションでハシャぎまくっております。
ロック系のライヴハウスとは全く違う客層とムードに、
アイドル公演初体験の私も将様も完全に呑まれてしまいました。
 

入場前はライヴハウスみたいなのをイメージ(ドリンクチャージは無し)してたんですが、
ステージは横に長~く、
前列は公会堂のように椅子席が備え付けられております。

キャパは意外と広く300~400人ってところでしょうか? 
満席満杯です。

専門のビデオカメラスタッフや警備員もおりまして
まさしく「公演」という雰囲気。

 
しばらく待っていると、キャピキャピした
「ノッてるか~い!」
というアナウンスに続いて場内が暗転し、
ピンスポがステージ上の等身大フィギュアを映し出しました。
 

…いや、ありゃ人間だヨ! 
フィギュアのように静止してるもんだから一瞬人形だと思ってしまいました。
と、同時に音楽が鳴り出し、フィギュアチックな振り付けで3人組の女の子が歌いだしたじゃありませんか! 


 
ちなみにこの日のSET LISTは以下の通り(公式サイトより)

1.嘆きのフィギュア
2.涙の湘南
3.渚のCHERRY
4.ガラスの I LOVE YOU
5.恋のPLAN
6.背中から抱きしめて
7.リオの革命
8.JESUS
9.だけど…
10.桜の花びらたち
11.未来の扉
12.AKB48
13.スカート、ひらり


「♪ワタシあーなったーのフィギュア~」
と歌うその曲調といい、振りといい、
それは往年のWINK
を彷彿とさせるものでした。



ファンも1曲目からテンション全開で「フィギュア~!」とサビのところで合いの手を入れたり同じ振り付けで踊り狂ったり「○○っちゃ~ん!」とシャウトしたりと狂喜乱舞の大フィーバーです。

 
同じ秋元康氏プロデュースとはいえ、
'80年代中期に人気を博したおニャン子クラブとは違ったグレードのショウアップぶりに、
ワタシと将様のお目目は彼女らにずっと釘付けでしたヨ。
 

この日観たのはAKB48のなかでも「Aチーム」と呼ばれる方のコたちらしく、彼女らはプロ野球で言う「1軍」なんだそうです。

どおりで素人臭さをあまり感じないはずだ。

衣装もほぼ曲ごとにお色直ししたりと、
観る者を魅了するステージングでしたが、
何といっても秋元康氏の計算し尽くされた
あざといまでのコンセプトと、

ターゲットを絞り込んで狙撃する歌詞
(特に「♪チェーリチェーリボーイ♪チェーリチェーリガール」
「♪会いたかったよ~」という歌詞のストレートさには
一瞬耳を疑いました)、





そして過去のアイドル歌謡曲を彷彿とさせるキャッチー&どポップなメロディーライン、
極めつけに上は20歳~下は12歳という

“期間限定のピチピチフレッシュガールズを格安で生で、しかも間近で堪能できる”

という多弾式ミサイル的なショウビズアタックには「さすが」と唸らずにはいられませんでしたヨ。
 

彼女らが果たしてハロプロアイドルを追撃できるのか、これからの活動に注目です。
 

こんなショウアップされたステージが秋葉原で毎日、
しかも1000円で観れるんですから
東京近郊の方は見に行って損はないと思いますヨ
(ファンの熱狂ぶりに驚くかもしれませんが)。
 
パフォーマンスする側としては彼女らに学ぶ点がメチャンコ多いなと勉強させられた一日でした。



AKB48公式サイト

テーマ:AKB48(秋葉原48) - ジャンル:アイドル・芸能

  1. 2006/04/27(木) 00:22:20|
  2. Music>ライヴルポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

人気ブログランキング

手元が狂ってブログランキングへ1票!

プロフィール

血祭鉄兵

Author:血祭鉄兵
所属 : Office YOUNG JAPAN

やっピー♪(←のりピー語)

80年代ウキウキWatching。

頭ん中Upside-downで、ラ・ムーにハマりっぱなしな40歳のAMラジオエアチェッカーでーす!

懐かシビれる1980年代ネタ+死語連発の文章表現ミニコミ誌『YOUNG JAPAN』(発行は完全不定期)編集主幹をやっとりマッスル。

「ファッションアイテムとしてのジャイアンツ帽」
の被りこなしも追求してるジャイアンツ帽Lover。


好きな食べ物・飲み物

うどん、ちゃんぽん、竹下製菓のアイス、ねるねるねるね、エビスビール


好きな有名人

岡田武史(日本サッカー協会副会長)、みのもんた、にしおかすみこ、ヨネスケ師匠、大槻ケンヂ、YOSHIKI 

好きな音楽

X JAPAN、VIOLET UK、AURA、JAGUAR、Zilch、筋肉少女帯、空手バカボン、V2、CRAIG ARMSTRONG、EVANESCENCE、King Crimson、Emerson, Lake & Palmer、Goblin、T-REX、80年代アイドル歌謡、映画サントラ、小室哲哉先生が歌う曲全部。

好きな映画

処刑ライダー、WAR GAMES、スニーカーズ、超能力学園Z、ザ・カンニング〔IQ=0〕(1980年・フランス映画)、BE BOP-HIGH SCHOOL~高校与太郎哀歌~、爆裂都市、狂い咲きサンダーロード、パンツの穴、ザ・サムライ、Mr.ジレンマン、太陽を盗んだ男、屋根裏の散歩者(実相寺昭雄監督版)、赫い髪の女、女必殺拳シリーズ、新幹線大爆破、シベリア超特急(全作品)など。

QRコードだヨ~ン

QRコード

Amazonで買っchao!

カテゴリー

ジャイアンツ帽オヤジのたわごと

TweetsWind

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。