title

ジャイアンツ帽愛好者・血祭鉄兵によるテンパイどころかノーテンパーブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おニューな血祭第四弾! ジャパン直撃カウントダウン~昭和熱血爆辛映画『戦国自衛隊』~

血祭りーッ!


お祭りーーッ!!


ヒゲま・つ・りッ!!!


♪ボンバヘーッ!!
(ボンバイエ!!)



♪ボンバヘーッ!!
(ボンバイエ!!)






いやはやニャンとも寒い冬真っ只中ですが、そんな寒い(寒くなくても)時期には
ホットなムービーにジンジンシビレるっきゃない! やるっきゃない!


Sengokujieitai1979_Blu-ray
戦国自衛隊 ブルーレイ [Blu-ray]
1979年 製作:角川春樹事務所

監督:斎藤光正
脚本:鎌田敏夫
熱血爆辛主演・アクション監督:千葉真一


のオススメレビューをネタバレしない程度にやっちゃいマース!!
(Wikipediaで『戦国自衛隊』のあらすじ読んだら、結末まで書いてあったんで未見の人は読んじゃダメ。ゼッタイ)





ザ・タイマン。


それは男にとって互いの命を賭した一対一の拳の決闘である。
 

だが、この映画『戦国自衛隊』で千葉ちゃんがタイマンを張った相手は「歴史」という、余りにもジャイアント過ぎるヤツであった。


このBlu-rayパッケージの
「歴史は俺たちに なにをさせようとしているのか?」
という文句は、プロデューサー・角川春樹と千葉ちゃんが我々に問い掛ける熱いメッセージでもあるのだ!!


車輌移動中の自衛隊1個中隊(伊庭義明 三等陸尉=千葉ちゃん)は、怪しげな空模様に包まれ、何故か戦国時代にタイムスリップしてしまう。 突如現れた騎馬隊に弓矢で攻撃されるが、自衛隊の最新兵器で反撃!  どうやら武田信玄軍と長尾景虎軍が争っている領地みたいだ。





千葉ちゃん、最初は武田信玄軍、長尾景虎軍のどちらの味方にもつかず、自衛隊員としての立場を守るが、長尾景虎(夏八木 勲)に説得されて心が揺れる。 考え抜いた結果、千葉ちゃんが出した答えは、


「我々が天下を獲れば歴史が狂う。そのショックで歴史という時の神が我々を昭和の世界に戻すに違いない!!」


という誰もが納得する男らしい結論であった!


歴史との戦いを決意した千葉ちゃんが、内部反逆者(渡瀬恒彦)を許すはずはない。 自ら囮となってヘリに宙吊りになり、マシンガンをブッぱなす千葉ちゃん!  戦国時代のギャルをレイプしてた裏切り者の乗る船を自ら火炎銃で処刑!!


そして「長尾景虎と共に天下を獲ぉる!」と絶叫する千葉ちゃん!


そんな戦国大将と化した千葉ちゃんだが、戦いの道を選ばず、自分の生き方を貫く隊員の意志は尊重する、という男気も見せ付けてくれる。





京都進軍途中の川中島で、武田信玄軍と合戦!  戦車とマシンガンで攻撃する自衛隊の砲撃を食らっても、恐れず突進してくる命知らずの武田足軽部隊! 武田軍の獰猛さにビビッて、戦車は穴ぼこへバゴーン!

武田軍忍者部隊の奇襲に続いて、鉄砲隊、背後からは武田騎馬軍団に挟み撃ちにあう千葉ちゃん自衛隊だったが、救出ヘリに乗って脱出。


しかし、そのヘリにJACで鍛えたジャンプ力を見せつける真田広之扮する若武者(役は武田信玄の跡取り息子・武田勝頼)が!
真田はパイロットを刺殺! ヘリは爆発!
「わめくなァ!」の一喝で隊員をシビれさす千葉ちゃん(「子供のような武士」役で薬師丸ひろ子も出るので要チェック)!


そんな中、ひとりで馬に跳び乗り、信玄のいる本陣へ特攻する千葉ちゃん!


ココらへんのシーンも観応えMUNMUNなんで、是非映像で確認していただきたいです。


遂にプロデューサー・角川春樹(真田昌幸役でも出演)が夢にまで見た、
「昭和の爆辛俳優 VS 戦国の風林火山ヒゲオヤジ」
のタイマンが実現!


※この決闘シーンは、この映画の見せ所の一つなんで、伏せておきます。


京都まであともう少しという前夜。 荒寺で戦意喪失した隊員達に向かって 、


「ぬるま湯に浸かった平和な時代に戻って何になる!?
武器を持っても戦うことのできない時代に戻って何になる!?  それよりもこの時代で戦おうとは思わんか!?  本心のままに生きようとは思わんか!?」

と、チバちゃん今夜はシャウト!

「全然思いませんよそんな事ぉ!!」


と、口ごたえするヘタレ隊員ども!!


骨の髄まで戦国武将と化した千葉ちゃんヤツらにシャウト!!


「戦うたびにコソコソ逃げ隠れする奴に、何も言う資格はなぁ~~~~~~い!!」

 
と叫んで、残り弾数お構い無しにバンバン銃を撃ちまくる千葉ちゃんはさらに叫ぶ!


「歴史なんかにツブされてたまるかァァァ~!!」


真夜中に目を血走らせ、上半身素っ裸で日本刀をブンブン振り回す千葉ちゃんは、もはや誰も止められない!!


……そして、クライマックスからのラストシーンへと突入していくのです。

 
男にとって大切なのは、
本心のままに銃を撃ちまくったり、日本刀をブンブン振り回して歴史と戦いまくることであり、その中にこそ、ある種の「男気」があるという事を教えてくれた映画です。
 

男に生まれたなら、絶対に一度は観ておくべき一本だゾ!!


※文中敬称略




スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2007/12/27(木) 03:10:36|
  2. 邦画
  3. | コメント:0

おニューな血祭第三弾! ジャパン直撃カウントダウン~クリスマスには『あつあつポテト』!!~

血祭りーッ!

お祭りーーッ!!

イ・モ・ま・つ・りッ!!!


♪ジングベーーッ!!
(ボンバイエ!!)


♪ジングベーーッ!!
(ボンバイエ!!)


メリー、クリスマ~~~~~~~~~~~~~ッスル!!

んちゃ!!

クリスマスになるたんびに、小学生のころ、
近所の「スーパー三太」
寒空の中、店長らしきヨボヨボのじーさんがサンタのカッコして一生懸命に呼び込みやってた
記憶がアタマん中でフラッシュバックしまくるほど、
「スーパー三太」さんがトラウマになってる
絶賛大安売り中のスーパーフリーライター・
血祭鉄兵デーッス!!


前回の『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』
レビューまがいの記事を書きちらかしたら、
早速メールが2件来ましたヨ~ン。


1件目は

「あたしは服はマルキュー派なんですけど、
血祭さんはどこ派ですか?」


ってな『スケバン刑事』とは全っ然無関係なファッション関連の質問でしたんで、
この場を借りてお答えしちゃいマース!!

血祭はマルキュー派じゃなく、断っ然、

マルジュー(丸重)派
the_maruju

デーッス!!

ウワ~ン(@^0^@)!!
「バラエティーストア・マルジュー」激安ダヨ~~~ン!!


浅草の商店街にドッカンとそびえたつ、
マルチショッピングタワー「丸重」!!!ヽ(゜ロ゜;)

Tシャツ、ジーパン、衣類、食料品や雑貨までよりどりみどりな
エンドレスバーゲン・カモンドラゴンフェスティバル!!
んもー、話題の「コストコ」なんてメじゃありまっしぇーん!!
マルジューなしでは生きていけまっしぇ~~~~~~~~~ん(≧◇≦)


…って事で、血祭は断っ然「マルジュー」派デース!!



もう1件が、

「あの映画の見所は“竹内力アニキ”だけだろ!!」

ってな木刀ブン回し系根性焼き入れ派の気合ブリバリな内容のメールでして、

確かにおっしゃるとおり、リキアニキの役どころは
それまでのスケバン刑事における

神恭一郎(スケバン刑事Ⅰ)や西脇(スケバン刑事Ⅱ)
のポジションなんでヒジョーに重要な役どころです。

でも、Vシネマ『ミナミの帝王』に代表されるような
竹内力さんの「濃厚旨チョコミルク」


ドス効ききまくりな演技が、あの『スケバン刑事』で存分に味わえるんかい!?と言われると、

全然物足りないんっすよ!!!!

というワケで、竹内力さんの演技を存分に堪能するなら断然、

『ミナミの帝王』!!!!

ってことでお返事に代えさせていただきますm(_ _)m



てな前置きはここら辺にしといて、

今回は、かつてワタクシがショルキー&ドラマーとして
サポートさせていただいてた、
只今都内ライブハウスでビッシビッシとブリバリに活動中の
ハイパー・ギガ・ハイブリッドパフォーマンスユニット

ゴールデンボンバー

のリーダー&ボーカル・鬼龍院翔サマが古本屋でほじくり返してきた

村生ミオ大先生
“クッキングティーンズお色気コメディー”マンガ

『あつあつポテト』(1987年・現在絶版)

atsuatsupotato


を紹介させていただきマース!!


かつて“ノーテンパー80's”
と呼ばれてた1980年代、少年マンガ誌には

「努力+友情=勝利」

系の熱血作品群と同時に、

『OH!透明人間』(中西やすひろ先生)
だの、

『イケナイBOY』(須磨ヨシヒロ先生)
だの、

『ハートキャッチいずみちゃん』(遠山光先生)
だの、

極めつけは描写がハッスルしすぎて
(主人公も鼻血ブーしまくり)連載中に
婦人団体からの抗議を受け、
見事に有害図書に指定され、
あげくに連載中止に追い込まれた

『いけない!ルナ先生』(上村淳子先生)
ikenailuna01

などなどなど、

今読み返してみても、そのバカバカしさに脳みそをとろかしたうえに、
IQまでグッと下げてくれそうな

“ティーンズお色気コメディー”マンガ

がワンサカと量産されていて、'80年代の全国の小・中学生BOYSを鼻血ブーさせてたもんダヨ。


そんな“ティーンズお色気コメディー”マンガの中でも

村生ミオ

といえば現在でも質の高いマンガを連載されてる
「巨匠」(1972年に『ふたごバンザイ』で第7回手塚賞佳作受賞)

なのデース!!


さーて、今回紹介する

『あつあつポテト』は、
『美味しんぼ』や『ミスター味っ子』などのグルメマンガが脚光を浴びてた
1987年に月刊少年マガジンで連載されてた作品でして、

だいたいどんなお話かというと、

料理大好きな主人公の深味公平(ふかみこうへい・16歳)は、
定食屋「まんぷく亭」の次男BOY。
隣に住む“スポーツ大好きムッチンパンチラギャル”真野さおりちゃんとは幼なじみだが、
さおりちゃんが3年間アメリカ留学に旅立ってしまってから
初めて恋心を抱いてた事に気付くニブチンBOYの公平。

そして、さらにグラマラスボディになってアメリカから帰国した
テレ屋でオマセなジューCギャル・さおりちゃんと
“ナウナウクッキングデート”
をキメたくてたまらんちんなムッツリティーン・公平と、
恋のライバルや、料理のライバルどもとの食事がらみの気の引き合い
を毎回失笑モノ(あるいはなんかのグルメマンガを思い起こさせる)の
エピソードで展開させて、
最後に作中登場した料理のレシピ紹介をしてハイおしまい!


てな、あらすじのまんま受け取ると、
何てことないラブコメタッチの料理マンガに思えるんだけど、
村生先生いわく、
“奇抜なアイディア”ってところに村生ミオ先生の
トンデモはっぷん歩いて10分なトリック&トラップが仕掛けられてるんダヨ。

血祭がほうじ茶飲みながら読んでて思わずブーッ!
って吹いちゃった描写がいくつかありまして、
チラリンコと紹介しときマッスル。

近所のフランス料理屋の息子で恋のライバルと、さおりちゃんたちとで
キャンプに行く回では、フツーのそうめんじゃキャンプらしくない!

って事で、定食屋の息子というプライドもあって公平が作り出した
キャンピング・そうめんが、


「女体流しそうめん」だーい!!

まあ、前述の『ハートキャッチいずみちゃん』なんかのバカエロコメディ洗礼を
受けた元・80年代BOYSからしたらまだまだ抑えた表現なんですが、

特筆すべきは第3話。

さおりちゃんのホームステイ先のアメリカン・ギャルが来日し
(アメリカ代表の新体操選手でもあるのだ)

「ニホンの料理、マズイデース!!」

と、公平だけでなく、ジャパン読者にも宣戦布告し、

「ワタシにおいしいと思わせる料理食べさせてミナサーイ!!」

と、上から目線のドSモードで挑発し、挙句の果てに

「オイシクなかったらサオリをつれてアメリカニ帰りマース!!」

と、いいたい放題のヤリたい放題。

ムチャクチャな提案をマジメに受けた公平とさおりは悩んだ末に、
料理をスパゲティに決定。

タイムリミットまで数時間しかないのに
麺から作んなきゅダメだと
クッキングBOYの意地を爆発させた公平だったが、
作ったこともないパスタ生地作りに行き詰る。

そう、パスタ生地のモチモチとした食感は

“弾力たっぷりのティーンズギャルのお尻”

とそっくりな触感でなければいけないのだ!!

どーする公平!?

もー見えてきたでショ?

そう、さおりちゃんが

「あたしのおしり使って…」

と、自らのおしりを差し出したのでR。

ンモー、コーフンMAXなムッツリ公平ちんは
夢にまで見たであろうさおりちゃんの
ムッチンヒップをさわりまくりのモミまくりんこで

さおりちゃんに「そこ違う!」とか怒られたりしつつも、

手も洗わずに(洗うシーンがなかったので洗ってないはず)

見事モチモチなパスタ生地をこねくって、

めんを伸ばす棒が無い!と行き詰れば、

さおりちゃんみずから

女体めん棒

となってゴロンゴロンと生地を伸ばしまくるという、
すき放題のヤリたい放題。

ウ~ン、この描写こそ、村生センセイがおっしゃってた
“奇抜なアイディア”

ってワケだったんだネ。

そして公平は
星条旗模様のスパゲティ

とゆー、なんともとんちの効きまくった、
モノクロページではあまり食欲をそそらないスパゲティを完成させ、

アメリカンギャルも

「コンナオイシイスパゲッティハジメテデース!!」

とマンゾクさせてメデタシメデタシの
料理は旨けりゃ過程
(尻さわりまくった手でこねた生地だろうが、
女体めん棒でのばした麺だろうが)
なんて関係ねぇ!


ってな村生センセイのゴリ押しイズムに血祭シビれたヨ~ン!!


ウ~ン、やっぱりグルメマンガはこうでなくっちゃネ!!


テーマ:マンガ・ゲームの話 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/12/24(月) 00:11:45|
  2. Books>オススメマンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おニューな血祭第一弾! ジャパン直撃カウントダウン ~血祭鉄兵 ブーメランズ~(加筆修正版)

ちまつりんこ!


♪ボンバヘーッ!!
(ボンバイエ!!)


♪ボンバヘーッ!!
(ボンバイエ!!)



Bomb A Head!Returns!(CCCD)


アントニオ猪木 21世紀ヴァージョン 炎のファイター~INOKI BOM-BA-YE~


皆さんごぶサターンセガサタ~~~~ンッ!


セガサターン本体(グレー)



ただいま鼻血ブーもんで絶賛大安売り中・
『ラジかるッ』中毒のスカポンタンフリーライター・
血祭鉄兵どぇーーーーっす!!


いや~、このブログを楽しみにしてた皆さん、
メチャンコお待たせいたしましたm(__)m

みなさんをお待たせした分、
おニューな血祭鉄兵、メチャンコブログの絨毯爆撃再開宣言いたしマース!

そうそう、2006年10月4日、
“ノンジャンル音楽のメガロポリス音楽祭”ともいうべき、
『Diva & Dude Vol.8』in Y2K

にお越し下さった皆さんありがとうございました~~~~~~~~っ!!

(※今回記載する内容は、あくまで2006年10月のものであり、
2007年現在、バンド「ゴールデンボンバー」
メンバー及びライブ構成とは大きく異なる事をご理解の上、
お読みくださいませ)


今回の「Diva & Dude Vol.8」は、
このイベント初のコンピレーションCD


Dolce ~from Diva & Dude~
(ゴールデンボンバーからは「ドスケベ」1曲を収録)

発売記念イベントでもあり、
前回のこのブログでも宣伝させていただいた事も手伝ってか、
想定外の老若男女の観客様まみれで、六本木Y2Kは熱気ムンムンでしたヨ~ン。

と同時に、ワタクシ・血祭鉄兵もショルキー&ドラムで参加(2007年3月15日に脱退)
させていただいている、

“ハイパー・ギガ・ハイブリッド・パフォーマンスバンド”
「ゴールデンボンバー」

(現在の長~いキャッチコピーは、このキャッチコピーが元になってるんだろナ)

11曲入り渾身の2ndデモCD
『THE GOLDEN J-POPS』

thegoldenj-pop


の発売ライヴも兼ねているため、メンバー一同、
気合の入り方がいつもとは違う!

…と思いきや、

リーダー兼ボーカルの鬼龍院翔サマだけが何故か
ネガティブモード全開でドヨ~ンとしております。

一方、イケメンギタリストの喜矢武豊は
「あなたの街の宣伝部長」
キンキンもギンギンです!!



キンキン恵比寿の「強運あげます」


って感じで、ゴールデンボンバー特製オリジナルライター

ゴールデンボンバーオリジナルライター非売品
(色は赤白青黄黒の5色。ライブ会場で無料配布されてた。現在は配布されていません。)

配りまくり、

メンバー3人で、物販席にお座りして販売のお手伝いをしておりますと、
コンピレーションCDと『The Golden J-POPS』がバンバン売れまくって
CDのチョモランマ山脈が、
テトリスの山のようにドンドン崩れていき、


テトリスDS


しまいにゃCDがほとんどなくなるとゆー、
ザ・ソールドアウト状態だ~い!!

sold_out.gif


ネガティヴモードだった鬼龍院翔サマも、リハが終わるころには

「生きてて良かった! 生きてて良かったよ!!」

と、ポジティヴモードでハッスルハッスルです。

本番前は新曲を初めて披露するという事もあって、
ボーカルの鬼龍院翔サマは

「告っChao!」

という曲の早口の部分を間違えないように何度も確認しておりました。

イケメンギタリストの喜矢武豊くんは緊張する素振りも見せず
エフェクターのチェックやらを。

(※当時の喜矢武くんは完全なエアギターではなく、
毎回自前のエフェクターを持参してちゃんと音を出していた)

そしてワタクシは鬼龍院翔手作りの

「鞭(ムチ)」

をタイミング通りスムーズに取り出せるかを何度も確認しとりました。


3人時代の金爆で「ドスケベ」を演る時は、

前フリなしに間奏で喜矢武豊と私で鬼龍院翔を鞭でブッ叩

というあまりにも唐突なパフォーマンスをやっていたのですヨ。

YAMAHAshs-10
当時使用していたYAMAHA SHS-10と鬼龍院翔手作りのムチ



そしていよいよライヴ本番。

オープニングであらかじめ撮影していた気合入れまくりのPVを流すと、
これが会場の皆さんにバカウケ!!

この日流した映像は後に

『ギャルパンチDEバタンQ』
(ちなみにこのDVDタイトルを考えたのは血祭鉄兵。)

galpunchdebatanq

というDVDの特典映像に収録されました。

事務所所属以前のDVD(編集は喜矢武豊)なので、
欲しい方は中古市場やネットオークションを探すしかないようです。



セットリスト
(記憶が朧げなので記憶してる方は、ご指摘お願い致しますm(__)m)

1.ウインナー & Beer

2.告っChao!

3.かっこいいな英語って

4.ドスケベ

MC

5.幸せな歌

※「恋人は韓国人」も演ったかもしれません



本番に突入するとメンバー全員

特攻野郎Aチーム



って感じで

CD収録の新曲も含む、全5曲をオリャーッ!!っとぶちかましましたが


特筆すべきはラスト1曲!!

3人、横一列で椅子に腰掛け(私はショルキーを膝に乗せて)、
さながら“アコースティックライヴ”
状態で新曲『幸せな歌』の弾き語りで締めくくるという、
ゴールデンボンバー初の試みをミッションコンプリートさせて、

『Diva & Dude Vol.8』at Y2Kも大盛況のうちに終える事ができましたヨ(^^)


ちなみにこの日のライブの事はGita-喜矢武豊くんもライブドアブログで書いております。

ゴールデンボンバー Gt.喜矢武 豊のブログ「おう、ライブお疲れ!」


ゴールデンボンバーは、このライヴを区切りにし、
次なる主戦場を「池袋サイバー」、「目黒鹿鳴館」といった
ビジュアル系バンド御用達のライヴハウスへと侵攻させ、

鼻血ブーなバージョンアップ
を遂げておりますので、

興味のある方は是非オフィシャルウェブサイトを訪れて、
ライヴへ足を運んでいただけたら、
元メンバーとしてこんなにウレCことはございません。



さ~て、次回のメチャンコプログは、

前フリだけしといて放置プレイしていた

あやや主演の
『スケバン刑事-コードネーム・麻宮サキ-』
のメチャンコレビューをやっちゃいますヨ~ン。

テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽

  1. 2007/12/15(土) 07:11:52|
  2. Music>ライヴルポ
  3. | コメント:0

人気ブログランキング

手元が狂ってブログランキングへ1票!

プロフィール

血祭鉄兵

Author:血祭鉄兵
所属 : Office YOUNG JAPAN

やっピー♪(←のりピー語)

80年代ウキウキWatching。

頭ん中Upside-downで、ラ・ムーにハマりっぱなしな40歳のAMラジオエアチェッカーでーす!

懐かシビれる1980年代ネタ+死語連発の文章表現ミニコミ誌『YOUNG JAPAN』(発行は完全不定期)編集主幹をやっとりマッスル。

「ファッションアイテムとしてのジャイアンツ帽」
の被りこなしも追求してるジャイアンツ帽Lover。


好きな有名人

岡田武史(日本サッカー協会副会長)、みのもんた、にしおかすみこ、ヨネスケ師匠、大槻ケンヂ、YOSHIKI 

好きな音楽

X JAPAN、VIOLET UK、AURA、JAGUAR、Zilch、筋肉少女帯、空手バカボン、V2、CRAIG ARMSTRONG、EVANESCENCE、King Crimson、Emerson, Lake & Palmer、Goblin、T-REX、80年代アイドル歌謡、映画サントラ、小室哲哉先生が歌う曲全部。

好きな映画

処刑ライダー、WAR GAMES、レイジング・サンダー[NO RETREAT, NO SURRENDER PART2]、超能力学園Z、ザ・カンニング〔IQ=0〕(1980年・フランス映画)、BE BOP-HIGH SCHOOL、爆裂都市、狂い咲きサンダーロード、パンツの穴、ザ・サムライ、Mr.ジレンマン、太陽を盗んだ男、屋根裏の散歩者(実相寺昭雄監督版)、赫い髪の女、女必殺拳シリーズ、新幹線大爆破、シベリア超特急(全作品)などなど。

QRコードだヨ~ン

QRコード

Amazonで買っchao!

カテゴリー

ジャイアンツ帽オヤジのたわごと

TweetsWind

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。