title

ジャイアンツ帽愛好者・血祭鉄兵によるテンパイどころかノーテンパーブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おニューな血祭第三弾! ジャパン直撃カウントダウン~クリスマスには『あつあつポテト』!!~

血祭りーッ!

お祭りーーッ!!

イ・モ・ま・つ・りッ!!!


♪ジングベーーッ!!
(ボンバイエ!!)


♪ジングベーーッ!!
(ボンバイエ!!)


メリー、クリスマ~~~~~~~~~~~~~ッスル!!

んちゃ!!

クリスマスになるたんびに、小学生のころ、
近所の「スーパー三太」
寒空の中、店長らしきヨボヨボのじーさんがサンタのカッコして一生懸命に呼び込みやってた
記憶がアタマん中でフラッシュバックしまくるほど、
「スーパー三太」さんがトラウマになってる
絶賛大安売り中のスーパーフリーライター・
血祭鉄兵デーッス!!


前回の『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』
レビューまがいの記事を書きちらかしたら、
早速メールが2件来ましたヨ~ン。


1件目は

「あたしは服はマルキュー派なんですけど、
血祭さんはどこ派ですか?」


ってな『スケバン刑事』とは全っ然無関係なファッション関連の質問でしたんで、
この場を借りてお答えしちゃいマース!!

血祭はマルキュー派じゃなく、断っ然、

マルジュー(丸重)派
the_maruju

デーッス!!

ウワ~ン(@^0^@)!!
「バラエティーストア・マルジュー」激安ダヨ~~~ン!!


浅草の商店街にドッカンとそびえたつ、
マルチショッピングタワー「丸重」!!!ヽ(゜ロ゜;)

Tシャツ、ジーパン、衣類、食料品や雑貨までよりどりみどりな
エンドレスバーゲン・カモンドラゴンフェスティバル!!
んもー、話題の「コストコ」なんてメじゃありまっしぇーん!!
マルジューなしでは生きていけまっしぇ~~~~~~~~~ん(≧◇≦)


…って事で、血祭は断っ然「マルジュー」派デース!!



もう1件が、

「あの映画の見所は“竹内力アニキ”だけだろ!!」

ってな木刀ブン回し系根性焼き入れ派の気合ブリバリな内容のメールでして、

確かにおっしゃるとおり、リキアニキの役どころは
それまでのスケバン刑事における

神恭一郎(スケバン刑事Ⅰ)や西脇(スケバン刑事Ⅱ)
のポジションなんでヒジョーに重要な役どころです。

でも、Vシネマ『ミナミの帝王』に代表されるような
竹内力さんの「濃厚旨チョコミルク」


ドス効ききまくりな演技が、あの『スケバン刑事』で存分に味わえるんかい!?と言われると、

全然物足りないんっすよ!!!!

というワケで、竹内力さんの演技を存分に堪能するなら断然、

『ミナミの帝王』!!!!

ってことでお返事に代えさせていただきますm(_ _)m



てな前置きはここら辺にしといて、

今回は、かつてワタクシがショルキー&ドラマーとして
サポートさせていただいてた、
只今都内ライブハウスでビッシビッシとブリバリに活動中の
ハイパー・ギガ・ハイブリッドパフォーマンスユニット

ゴールデンボンバー

のリーダー&ボーカル・鬼龍院翔サマが古本屋でほじくり返してきた

村生ミオ大先生
“クッキングティーンズお色気コメディー”マンガ

『あつあつポテト』(1987年・現在絶版)

atsuatsupotato


を紹介させていただきマース!!


かつて“ノーテンパー80's”
と呼ばれてた1980年代、少年マンガ誌には

「努力+友情=勝利」

系の熱血作品群と同時に、

『OH!透明人間』(中西やすひろ先生)
だの、

『イケナイBOY』(須磨ヨシヒロ先生)
だの、

『ハートキャッチいずみちゃん』(遠山光先生)
だの、

極めつけは描写がハッスルしすぎて
(主人公も鼻血ブーしまくり)連載中に
婦人団体からの抗議を受け、
見事に有害図書に指定され、
あげくに連載中止に追い込まれた

『いけない!ルナ先生』(上村淳子先生)
ikenailuna01

などなどなど、

今読み返してみても、そのバカバカしさに脳みそをとろかしたうえに、
IQまでグッと下げてくれそうな

“ティーンズお色気コメディー”マンガ

がワンサカと量産されていて、'80年代の全国の小・中学生BOYSを鼻血ブーさせてたもんダヨ。


そんな“ティーンズお色気コメディー”マンガの中でも

村生ミオ

といえば現在でも質の高いマンガを連載されてる
「巨匠」(1972年に『ふたごバンザイ』で第7回手塚賞佳作受賞)

なのデース!!


さーて、今回紹介する

『あつあつポテト』は、
『美味しんぼ』や『ミスター味っ子』などのグルメマンガが脚光を浴びてた
1987年に月刊少年マガジンで連載されてた作品でして、

だいたいどんなお話かというと、

料理大好きな主人公の深味公平(ふかみこうへい・16歳)は、
定食屋「まんぷく亭」の次男BOY。
隣に住む“スポーツ大好きムッチンパンチラギャル”真野さおりちゃんとは幼なじみだが、
さおりちゃんが3年間アメリカ留学に旅立ってしまってから
初めて恋心を抱いてた事に気付くニブチンBOYの公平。

そして、さらにグラマラスボディになってアメリカから帰国した
テレ屋でオマセなジューCギャル・さおりちゃんと
“ナウナウクッキングデート”
をキメたくてたまらんちんなムッツリティーン・公平と、
恋のライバルや、料理のライバルどもとの食事がらみの気の引き合い
を毎回失笑モノ(あるいはなんかのグルメマンガを思い起こさせる)の
エピソードで展開させて、
最後に作中登場した料理のレシピ紹介をしてハイおしまい!


てな、あらすじのまんま受け取ると、
何てことないラブコメタッチの料理マンガに思えるんだけど、
村生先生いわく、
“奇抜なアイディア”ってところに村生ミオ先生の
トンデモはっぷん歩いて10分なトリック&トラップが仕掛けられてるんダヨ。

血祭がほうじ茶飲みながら読んでて思わずブーッ!
って吹いちゃった描写がいくつかありまして、
チラリンコと紹介しときマッスル。

近所のフランス料理屋の息子で恋のライバルと、さおりちゃんたちとで
キャンプに行く回では、フツーのそうめんじゃキャンプらしくない!

って事で、定食屋の息子というプライドもあって公平が作り出した
キャンピング・そうめんが、


「女体流しそうめん」だーい!!

まあ、前述の『ハートキャッチいずみちゃん』なんかのバカエロコメディ洗礼を
受けた元・80年代BOYSからしたらまだまだ抑えた表現なんですが、

特筆すべきは第3話。

さおりちゃんのホームステイ先のアメリカン・ギャルが来日し
(アメリカ代表の新体操選手でもあるのだ)

「ニホンの料理、マズイデース!!」

と、公平だけでなく、ジャパン読者にも宣戦布告し、

「ワタシにおいしいと思わせる料理食べさせてミナサーイ!!」

と、上から目線のドSモードで挑発し、挙句の果てに

「オイシクなかったらサオリをつれてアメリカニ帰りマース!!」

と、いいたい放題のヤリたい放題。

ムチャクチャな提案をマジメに受けた公平とさおりは悩んだ末に、
料理をスパゲティに決定。

タイムリミットまで数時間しかないのに
麺から作んなきゅダメだと
クッキングBOYの意地を爆発させた公平だったが、
作ったこともないパスタ生地作りに行き詰る。

そう、パスタ生地のモチモチとした食感は

“弾力たっぷりのティーンズギャルのお尻”

とそっくりな触感でなければいけないのだ!!

どーする公平!?

もー見えてきたでショ?

そう、さおりちゃんが

「あたしのおしり使って…」

と、自らのおしりを差し出したのでR。

ンモー、コーフンMAXなムッツリ公平ちんは
夢にまで見たであろうさおりちゃんの
ムッチンヒップをさわりまくりのモミまくりんこで

さおりちゃんに「そこ違う!」とか怒られたりしつつも、

手も洗わずに(洗うシーンがなかったので洗ってないはず)

見事モチモチなパスタ生地をこねくって、

めんを伸ばす棒が無い!と行き詰れば、

さおりちゃんみずから

女体めん棒

となってゴロンゴロンと生地を伸ばしまくるという、
すき放題のヤリたい放題。

ウ~ン、この描写こそ、村生センセイがおっしゃってた
“奇抜なアイディア”

ってワケだったんだネ。

そして公平は
星条旗模様のスパゲティ

とゆー、なんともとんちの効きまくった、
モノクロページではあまり食欲をそそらないスパゲティを完成させ、

アメリカンギャルも

「コンナオイシイスパゲッティハジメテデース!!」

とマンゾクさせてメデタシメデタシの
料理は旨けりゃ過程
(尻さわりまくった手でこねた生地だろうが、
女体めん棒でのばした麺だろうが)
なんて関係ねぇ!


ってな村生センセイのゴリ押しイズムに血祭シビれたヨ~ン!!


ウ~ン、やっぱりグルメマンガはこうでなくっちゃネ!!


スポンサーサイト

テーマ:マンガ・ゲームの話 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/12/24(月) 00:11:45|
  2. Books>オススメマンガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おニューな血祭第四弾! ジャパン直撃カウントダウン~昭和熱血爆辛映画『戦国自衛隊』~ | ホーム | おニューな血祭第一弾! ジャパン直撃カウントダウン ~血祭鉄兵 ブーメランズ~(加筆修正版)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://youngjapan.blog67.fc2.com/tb.php/26-4da84eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人気ブログランキング

手元が狂ってブログランキングへ1票!

プロフィール

血祭鉄兵

Author:血祭鉄兵
所属 : Office YOUNG JAPAN

やっピー♪(←のりピー語)

80年代ウキウキWatching。

頭ん中Upside-downで、ラ・ムーにハマりっぱなしな40歳のAMラジオエアチェッカーでーす!

懐かシビれる1980年代ネタ+死語連発の文章表現ミニコミ誌『YOUNG JAPAN』(発行は完全不定期)編集主幹をやっとりマッスル。

「ファッションアイテムとしてのジャイアンツ帽」
の被りこなしも追求してるジャイアンツ帽Lover。


好きな有名人

岡田武史(日本サッカー協会副会長)、みのもんた、にしおかすみこ、ヨネスケ師匠、大槻ケンヂ、YOSHIKI 

好きな音楽

X JAPAN、VIOLET UK、AURA、JAGUAR、Zilch、筋肉少女帯、空手バカボン、V2、CRAIG ARMSTRONG、EVANESCENCE、King Crimson、Emerson, Lake & Palmer、Goblin、T-REX、80年代アイドル歌謡、映画サントラ、小室哲哉先生が歌う曲全部。

好きな映画

処刑ライダー、WAR GAMES、レイジング・サンダー[NO RETREAT, NO SURRENDER PART2]、超能力学園Z、ザ・カンニング〔IQ=0〕(1980年・フランス映画)、BE BOP-HIGH SCHOOL、爆裂都市、狂い咲きサンダーロード、パンツの穴、ザ・サムライ、Mr.ジレンマン、太陽を盗んだ男、屋根裏の散歩者(実相寺昭雄監督版)、赫い髪の女、女必殺拳シリーズ、新幹線大爆破、シベリア超特急(全作品)などなど。

QRコードだヨ~ン

QRコード

Amazonで買っchao!

カテゴリー

ジャイアンツ帽オヤジのたわごと

TweetsWind

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。